岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

お知らせ講演会開催案内

日 時 22年10月23日(土) 午後7時
会 場 岩内地方文化センター   視聴覚室
演 題 「簗瀬真精とその時代〜明治初年の岩内〜」
講 師 滝澤 正氏(北海道史研究協議会会員)
入場料 無料

1869(明治2)年、札幌に開拓使がおかれます。同時に岩内には開拓使詰所がおかれます。この詰所の主要な任務の一つは、幕末に発見された茅沼炭鉱の開発でした。
明治7年、所長として簗瀬真精が赴任します。その後、初代の岩内古宇郡長として、現在の岩内町・共和町・泊村・神恵内村の発展に尽力をして、1886(明治19)年、退職をします。この期間、彼が携わった行政関係の文書が残っています。
その文書をもとにして、簗瀬真精の人となりと当時の岩内の様子を語ってもらいます。
問い合わせ先 0135−62−8020 岩内町郷土館

posted by 岩内町郷土館 at 2010年10月15日15:31 | Comment(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。