岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

できごと雷電海岸はトンネルの外

 郷土館に、昭和39年、日本交通公社発行「旅」10月号に掲載された水上勉の紀行文「雷電海岸の孤愁」を、東京12チャンネル(テレビ東京)が30分の番組に製作・放映したものを収録した16ミリフィルムがあります。
 それから40年以上たってますので、かなり劣化したものをなんとかDVDにして、今日それの鑑賞会をしました。
 40数年前の雷電海岸風景が写しだされましたが、この光景のほとんどは今は全く見ることができません。雷電海岸の旧国道は岩石崩落防止のため閉鎖され、その80%を新しくできたトンネルによって繋がれてしまったからです。
 水上はこの紀行文の中で雷電海岸の自然が観光化の流れの中で失われてしまうことを恐れています。しかし、現在は、安全確保のためその自然を見ることができないという皮肉なことになっています。
 来年あたり、開発局にお願いをして閉鎖を解除して、「雷電海岸の孤愁」ウオーキングでも実施できれば、と考えています。

posted by 岩内町郷土館 at 2010年10月10日21:33 | Comment(2)

この記事へのコメント

『やまさいがね』がというサイトで、雷電トンネル旧道の探索が記載されています。
http://yamaiga.com/road/raiden1/main.html

ここで紹介されている、海蝕隧道を含む旧旧道について何か資料はありませんでしょうか?
お忙しいとは存じますが、よろしくお願いします。

Posted by 田中茂樹 at 2019年10月08日 23:12

非常に興味深い資料をご送付いただきありがとうございます。
今後の御館のますますのご発展を祈念させていただきます。

Posted by 田中茂樹 at 2019年10月14日 10:56

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。