岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

お知らせ第三回企画展「岩内少年団下田豊松の功績」開催中です

IMG_0229.JPGIMG_0229a.jpg

ボーイスカウト日本連盟100周年+1を記念しての企画展です。大正時代、「岩内少年団」をいち早く創設、さらにボーイスカウトの世界大会に日本人として参加するため、開催国であった英国に渡航し、日本の少年団を世界中に知らしめた、下田豊松の功績を紹介しています。

ところが、この下田豊松について、よく知っているという方は町内でも少ないのです。

上の写真は、郷土館内にも常設展示されている、皆さんご存じの国産アスパラガスの生みの親、下田喜久三博士が「(株)日本アスパラガス」の会社を設立した時の記念写真です。この写真の中央は喜久三ですが、一番左端にに写っているのが、下田豊松。

実は喜久三博士の兄であり、アスパラガス験農場の開設など、喜久三のアスパラガス研究の陰の協力者であり立役者でもあったのです。豊松は岩内の下田商店本店、倶知安支店の経営で、肥料や米穀取り扱いや運送業など手広く商いをしました。また少年団の創設はもちろん、公益事業や酪農開拓など、さまざまな分野で功績を残されています。

下田豊松の功績の資料を紐解くと、一体どこから手を付けていけばよいのか、正直迷ってしまいます。
まずは、一介の商人である豊松が、なぜ英国ロンドンに赴くことになったのか?

img455.jpg大正9英国撮影.jpg

1920(大正9)年。下田豊松は「ボーイスカウト世界大会および国際ジャンボリー」に参加するために、英国ロンドンに渡航します。

BP.jpgIMG_6257.JPG

そもそも「ボーイスカウト運動」とはいかなるものか?
1907(明治40)年、英国の退役軍人であり、英雄の称号を持つベーデン・パウエルが、キャンプや共同生活を通して、青少年の健全な育成をはかるための少年団(ボーイスカウト)を創設。その高い志や理念、手法は、英国から世界中に広がり、日本にも伝わってきます。
明治末期〜大正時代にかけて、東京、静岡など各地で少年団が創設され、北海道では1915(大正4)年に旭川少年団が、1916(大正5)年に下田豊松により岩内少年団が発足。豊松が団長となり、当時の尋常高等小学校男子500名が団員となりました。

img443.jpgimg464.jpgimg449.jpg

いったいなぜ、それほどまでの覚悟が必要だったのでしょうか? (つづく)







posted by 岩内町郷土館 at 2023年10月07日15:01 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190597076

この記事へのトラックバック