岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

お知らせ岩内にあった劇場を知りたい!

 もっとも近い時代は平成十年代。後志管内最後の劇場「岩内ニューシネマ」が閉館となり、岩内の劇場文化は幕を閉じました。が、多いときには岩内町内、4軒もの映画館、劇場があったのをご存知でしょうか。
 二葉座、万生座、遊楽館、東栄劇場……。
 その歴史は、二葉座開業の明治元年。今から150年前にさかのぼります!
futabaza004.jpg

劇場 万生座.JPGIMG_0183.JPG

 5月26日(土)より始まる平成30年度郷土館第2回企画展「岩内の演芸文化」では、二葉座開業150年を記念し、老舗劇場の誕生から、次々生まれた各劇場、そして岩内ニューシネマへと続くこのまちの劇場文化の歴史を辿ります。

 そこで、この記事をご覧の皆様へお願いがあります。
 岩内の劇場での思い出を教えて下さい。
 歌舞伎、お芝居、落語や漫談、演奏会、コンサート、そして映画。どの館で、何をやっていたか。どんな作品に触れ、今でも忘れられない感動などなど、ぜひお聞かせ下さい。
 詳しくは岩内町郷土館(0135-62-8020)まで。
 こちらのコメント欄でもお待ちしております!




posted by 岩内町郷土館 at 2018年05月15日17:33 | Comment(5) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

お名前記入は、匿名様でもOKですよ〜。

Posted by 岩内町郷土館 at 2018年05月16日 11:55

昭和42年ころ、岩内町内の映画館に住んでいました。萬生座という映画館だったと思います。スクリーンの裏の窓のない部屋(たぶん楽屋でしょう)でした。「夕陽のガンマン」「男と女」「冒険者たち」「電撃フリントアタック作戦」などの作品が上映され、観客に混じって見ていました。当時は、町内に複数の映画館があり、小学校の同級生も、家業が映画館でした。

Posted by 快宴帯 at 2018年06月06日 00:15

快宴帯さん、コメントありがとうございます!

昭和30年代の萬生座写真があり、現在展示開催中ですー。大きな白い建物で、正面には「万生」の文字を円のなかにあしらったロゴ看板、見に来た皆さんたくさんの思い出があるそうです。館のお仕事だったのでしょうか、住んでいたとはうらやましいです!!
閉館のあとニセコストアというお店になったそうですね。

Posted by 岩内町郷土館 at 2018年06月07日 10:24

ただ今コメント入力欄に不備あり、投稿が出来なくなっております。
早急に対応いたします。大変申し訳ありません。

Posted by 岩内町郷土館 at 2018年06月13日 15:15

二葉座の思い出です。高校3年B組に在籍中、仮装行列行事の際、「奇へい隊」と称し、ハリボテの特車(今の戦車)を作り、中のリヤカーにバッテリーとテープレコーダーを積み込み、拡声器から戦車の駆動音を出すことになりました。電気関係担当の私は、丁度、二葉座で上映中の戦争映画の戦車音を録音するため、二葉座に出向き、館の担当者にお願いして、無事、録音を終えました。この特車で町内を練り歩きましたが、評判も上々だったと思います!

Posted by 小町谷 忠芳 at 2018年06月14日 12:29

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183234816

この記事へのトラックバック