岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

ひとりごと昭和30年代の東山遺跡調査…以前の岩内考古学

 どーもお久しぶりです。
 ホリカップ出身の土面ほーりーさんです。
 今回はワタクシがどのへんで出てきたかというお話から。

IMG_4068.JPG
(ほーりーさんと呼んで♡)

 昭和十年八月三日付で発行された「岩宇郷土研究」という資料に、人面土器に関する記述があります。当時遺跡研究者として岩内地方を訪れていた、北海道帝国大学付属博物館主任 名取武光氏の報告です。
「堀株の崖下に住んでいた三浦といふ爺さん、今は亡くなったが此の人を発掘人夫に連れて歩いた。三浦の爺さんの家の後から子供が土面を発見し、或る人が受け取って、岩内の梅澤さんに譲った話もこの人から聞いた」
大正七年のことです。そして昭和四十七年三月、当時の梅澤家当主梅澤富士郎氏より、郷土館に寄贈となりました。

IMG_4075.JPGIMG_4076.JPG
(佐藤彌十郎氏による資料『岩宇の郷土研究』)

 昭和31年に東山遺跡より出土の縄文遺物は、北海道の有形指定文化財となっていますが、実はその調査より古い時代に一般の方々より寄贈された土器、石器類も、当館にはかなりの量で収蔵されています。専門的な検証はもちろんされていません。が、これらを大事に拾い上げ、復元し、意味あるものとして後世に伝えようとした人は、何も研究者や専門家に限らず、少なからずいたということなのでないでしょうか。

IMG_4073.JPGIMG_4071.JPG

IMG_4070.JPGIMG_4074.JPG
(第一展示室の縄文コーナー。ヒスイ、メノウ珠にはちゃんと紐を通す穴がある)

 岩内、そして近隣岩宇には、すぐ足元に素晴らしい宝物が眠っているという気がします。(r)






posted by 岩内町郷土館 at 2017年06月14日12:22 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180040702

この記事へのトラックバック