岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

ひとりごとお魚の慰霊塔

 万代ドーム公園に立つ、、すらりと背の高い石碑は「魚族萬霊塔」。こう記されています。

「岩内三百年
 魚の献身なくして
 今日の岩内はなかったろう
 魚は有り難いかな
 即ち祀る」

IMG_8571.JPG

 漁業関連の方の建てられたものと思いますが、風雪に削られ年月、由来が定かではありません。文面は武田みさ子さんの著したエッセイ集『運上屋川』に載っていました。

IMG_8574.JPG

 岩内はやはり漁業であったのだ、加工業であったのだ、改めてそう思えるような郷土館企画展「にしん場展」が開催中です。

IMG_8635.JPGIMG_8630.JPG

 ちなみに、万代ドーム公園の旧岩内町役場の玄関ドーム。よく見るとやはり木造建築なのですね。塗装がはげてきているようです。お手入れしてほしいです……。

IMG_8576.JPGIMG_8580.JPG

こちらも早く復活してほしいです…岩内場所運上屋本陣跡の石碑。
IMG_8578.JPG

西防波堤の根っこに上ってみました! (ちょっとキケンですが)正面は湾をはさんで泊、ホリカップ。ここから右手(東側)が明治40年に完成した岩内港です。

IMG_8593.JPG

そして西側には、かつてにしん場の親方がタテアミや刺網をずらりとならべ、ニシンの千石場所が続いた野束、敷島内の浜。

IMG_8589.JPG

 日が暮れると、イカの船が漁火をならべているのが見えます。岩内、いい季節になりましたよ〜。

posted by 岩内町郷土館 at 2019年06月29日12:16 | Comment(0) | TrackBack(0)

できごと第二回企画展「にしん場展」です!

6月8日(土)〜8月4日(日)の期間は、第二回企画展「にしん場展」。明治〜昭和初期にかけてのニシン漁業黄金時代の岩内をたどる企画展です。

IMG_0008.jpg

 北海道のニシン漁は、実は食用のみならず、肥料としてのニシン粕製造の需要がとても大きかったのです。数千トンもの漁獲のあったニシンを肥料に加工し、道内のみならず北陸上越、東京大阪まで輸出、当時の日本農業を下支えしていたとも言えるのです。

 当時の岩内のにしん場が、どのような様子であったのか。さまざまな資料をもとに展示しています。

IMG_8623.JPGIMG_8615.JPG

実際にモッコ背負い体験も、ご自由にどうぞ! どんざも試着可能です。

IMG_8611.JPG

明治35年の「岩内郡漁場実測図」。現在の航空写真と合わせ、どこに定置網があったか知ることができます。

IMG_8630.JPG

ご来館お待ちしております!

posted by 岩内町郷土館 at 2019年06月16日01:18 | Comment(0) | TrackBack(0)