岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

お知らせ岩内魂「進取の気質」を育てた茅沼炭鉱

 7月25日(火)より第三回企画展「茅沼炭鉱採炭160年 進取の気質を育んだ茅沼炭鉱」が開催されます。

kkayanuma106.jpg
(明治29年北海立志編より)

 幕末安政3年に燃える石「石炭」が茅沼で発見されました。折しも函館開港の翌年、函館奉行所は入港してくる外国船に燃料を補給する必要に迫られておりました。茅沼からはじめて掘り出され、岩内港に運び出された石炭は叺(かます、わらむしろで作った袋)に詰めた20〜30。
 小さな漁村であった茅沼には外国人技師が次々とやってきて、日本で初の鉄軌道が敷設され、岩内港までの石炭輸送には架空索道で空を飛んできたというオドロクような歴史もあります。

kayanuma013架空索道.jpg
(昭和10年代、発足から岩内港間を通っていた架空索道。石炭が0.3トン入るバケットが400個往復していた)

 そしてどの炭鉱にも同じように訪れる石油時代の波にのまれて、昭和44年に茅沼炭鉱は閉山となるのですが、実は北海道炭鉱のどこよりも規模の小さな炭鉱でありながら、浮き沈みの激しい100年以上の歴史を有しているのです。今年平成29年は、安政4年(1857)石炭採掘から160年目にあたります。

21.jpg

 明治のご維新より、この茅沼炭鉱〜岩内港開発に関わった開拓使お雇い外国人は10人余り。新しいもの珍しいものを、どんどん取り入れていくことを好む「進取の気質」と言われる岩内魂は、ここからはじまったともいわれています。また、茅沼炭鉱の歴史を調べると鉄道の歴史と岩内港の歴史にも繋がってく。これがまたオモシロイ!

炭坑2-16.jpg
(昭和30年代の茅沼地区)

 戦時下の炭鉱には目をそらしてはならない「影」の部分も。前、北海道開拓記念館の資料などを元に、歴史には必ずある「光」と「影」の両方を展示する予定です。

IMGP0027.JPG
(平成29年現在の茅沼に見えるズリ山)

 岩内町内はもちろん、泊村のみなさんにもぜひご覧いただきたい、懐かしい写真もたくさん出てきました!
是非見にいらして下さいね〜!(r)



posted by 岩内町郷土館 at 2017年07月19日14:04 | Comment(0) | TrackBack(0)

できごと今年の岩内神社祭

日本海沿岸、岩内町の神社祭が今年も無事やってきました!

IMG_4216.JPG

三日間の日程のうち、必ず一回は雨に見舞われるだろうというジンクスが、今回は持ちこたえましたー。暑い太陽の下、皆様本当にお疲れ様でした。
毎年同じことが繰り返される…これほど泰平なことはありません。そして200年の歴史が一つまた、次世代へ。

IMG_4222.JPGIMG_4230.JPGIMG_4245.JPG

岩内町郷土館も、まちの思いの詰まった一つの箱です。最期の神社までの行列のスタートとしてふさわしい位置にあるということなのでしょうか。感慨深くお迎えし、見送りました。ありがとうございました!

IMG_4252.JPG
IMG_4255.JPG

来年もまた、同じく繰り返されることを祈りつつ。

posted by 岩内町郷土館 at 2017年07月13日00:40 | Comment(0) | TrackBack(0)