岩内町郷土館ブログ

岩内町郷土館でのイベントやお知らせ、
岩内町に関する情報や岩内町の様子などを発信しています。

できごと岩内町でカワラは作られていたのでしょうか??

 過日、NPOれきけん(歴史的地域遺産研究機構)の先生がご来館しました。岩内町にて明治期にレンガや瓦屋根が多く作られていたのではないか? ということで資料調査とのこと。お話を伺ったところ、北海道庁の資料では、明治30年に岩内郡で生産されたカワラの個数は29万個余り。北海道内の他の地域に比すると突出した数字です。さて岩内町には本格的な「カワラ職人」さんがいたのでしょうか??

IMG_3792.JPGIMG_3790.JPGIMG_3794.JPG
(郷土館収蔵室にある立派な鬼瓦)

 それについて、明確な資料が実はありません。が、岩内にはレンガ工場が明治24年にできている記録があり、レンガの工場でカワラも生産されていた例が数多くあるとのこと。さらに郷土館資料の中には、本州からの移入品なのか、現地岩内生産なのか不明な鬼瓦(それも本格的な彫刻の施された!)がいくつか収蔵されています。

IMG_3788.JPG
(明治34年の資料に残る「大宮煉瓦工場」この老込美の所在地は、現在の岩内神社付近と推定されます)

 北海道の冬越しを思えば、カワラの普及は少ない方だろうとも思いますが、郷土館坂井館長の子供の頃の記憶では「自宅も瓦屋根だったし、通りの多くの建物が瓦屋根であった」とのこと。トタン屋根は当時ではハイカラだったそうです。

IMG_3799.JPG

IMG_3798.JPG
(戦時中は、岩内厚生園の向かいにあったレンガ工場で、建材のほか土管なども作っていたそうです)

 そんな町並みが、昭和29年の岩内大火ですべて焼き尽くされてしまったのでした。町内御崎付近には、その時に焼け残ったカワラ屋根の建物が数軒残っていますが、保存の手だても無いものは今にも消えようとしています。

IMG_4112.JPG
(郷土館の向かいにあるカワラ屋根の建物。大火を免れました)

 清住に現存する「簗瀬邸」は立派な瓦屋根が保たれています。その偉容を、なるべくなら後世に残していただきたいものです。(R)

IMG_3010.JPGIMG_3810.JPG
(平成28年の簗瀬邸)

posted by 岩内町郷土館 at 2017年06月25日11:57 | Comment(0) | TrackBack(0)

ひとりごと昭和30年代の東山遺跡調査…以前の岩内考古学

 どーもお久しぶりです。
 ホリカップ出身の土面ほーりーさんです。
 今回はワタクシがどのへんで出てきたかというお話から。

IMG_4068.JPG
(ほーりーさんと呼んで♡)

 昭和十年八月三日付で発行された「岩宇郷土研究」という資料に、人面土器に関する記述があります。当時遺跡研究者として岩内地方を訪れていた、北海道帝国大学付属博物館主任 名取武光氏の報告です。
「堀株の崖下に住んでいた三浦といふ爺さん、今は亡くなったが此の人を発掘人夫に連れて歩いた。三浦の爺さんの家の後から子供が土面を発見し、或る人が受け取って、岩内の梅澤さんに譲った話もこの人から聞いた」
大正七年のことです。そして昭和四十七年三月、当時の梅澤家当主梅澤富士郎氏より、郷土館に寄贈となりました。

IMG_4075.JPGIMG_4076.JPG
(佐藤彌十郎氏による資料『岩宇の郷土研究』)

 昭和31年に東山遺跡より出土の縄文遺物は、北海道の有形指定文化財となっていますが、実はその調査より古い時代に一般の方々より寄贈された土器、石器類も、当館にはかなりの量で収蔵されています。専門的な検証はもちろんされていません。が、これらを大事に拾い上げ、復元し、意味あるものとして後世に伝えようとした人は、何も研究者や専門家に限らず、少なからずいたということなのでないでしょうか。

IMG_4073.JPGIMG_4071.JPG

IMG_4070.JPGIMG_4074.JPG
(第一展示室の縄文コーナー。ヒスイ、メノウ珠にはちゃんと紐を通す穴がある)

 岩内、そして近隣岩宇には、すぐ足元に素晴らしい宝物が眠っているという気がします。(r)






posted by 岩内町郷土館 at 2017年06月14日12:22 | Comment(0) | TrackBack(0)